38歳 朝の洗顔は基本的に水洗顔、ただし冬の寒い時期はぬるま湯

朝の洗顔は正直、朝弱いので起きてすぐに行動するとか考えられず、それでも寝起きの顔では何か汚れがついていた時に恥ずかしいということもあり水洗顔をしています。

 

石?を使った洗顔をしようかなと考え、実行に移したこともありましたが、まず石鹸を朝から泡立てる作業が苦痛、そして寝ぼけて洗顔しているのできちんと泡を洗い流したと思っていたのに流し残しがあってタオルで顔を拭くときに気が付くなんて言うこともありました。

 

そんな経験からも朝の洗顔で石鹸を使うことは私には向いていないと感じています。

 

また、石鹸を使うことは洗浄力があり良いことかなと思っていましたが、洗いすぎというのも肌本来持っている油分を過剰に洗い流してしまうこともあるようで乾燥肌になりがちになるなど良いことばかりではないということも知りました。

 

メイクをした後ならばメイク落とし後の洗顔なので石鹸を使うことは欠かせませんが必要以上に石鹸を使用しなくてもいいのかなと面倒くさがりやな私は肯定的に考えています。

洗浄成分ゼロって大丈夫?

洗浄成分がゼロ、その文字にそれって洗顔料でもなんでもないのではないかと思ったのがマナラのモイストウォッシュゲルに対する率直な感想です。

 

けれど調べてみるとあながち私の感想は間違っておらず、ウォッシュという名前がついているから洗って流すものかと思っていたら肌に必要な油分は洗い流さず、不要な角質のみを取り除く商品だということが分かりました。

 

なんだか私の思う洗顔石鹸の概念からはすっかりかけ離れてしまっていて、どちらかというと美容液よりなのではないかと感じてしまうほどです。

 

不要なものは取り除けるのに洗い流す必要はなく、使用後はそのままでも良いし、ふき取っても良いというのはすごくお手軽感があり面倒くさがり屋の私も思わず気になってしまう商品です。

 

年齢とともにお肌のトラブルが気になってきたので何か新し事を始めたいなとも思っていたところだったのでちょっとお値段高めかなと悩むところはありますがモイストウォッシュゲルはその選択肢の一つになりました。